« ムーンライトながらの定期運行廃止? | トップページ | 山陰 米子への旅 »

2008年9月10日 (水)

金融庁が銀行以外の事業者に「送金サービス」の開放を検討??--って今までの利便性の圧迫ではないか!

時事通信の配信から
2008/09/09-18:28 「グレー」決済に法的裏付け=新サービス創出を後押し−金融庁
 金融庁が銀行以外の事業者に「送金サービス」の開放を検討するのは、「グレーゾーン」的な位置付けになっているコンビニエンスストアや宅配業者が手掛ける決済業務の急速な発展が背景にある。こうした決済業務に法的裏付けを与えることで、インターネット売買などの普及に合わせた新サービスの創出を促したい考えだ。
 決済業務は現在、銀行にだけ認められている。このため、コンビニや宅配業者は公共料金の受け取りや代金引換などを行う際、銀行送金を仲介する仕組みにするなど工夫を凝らしている。しかし、「法的にはグレーゾーン」(金融関係者)との見方がある上、悪質な業者を排除する制度がなく、利用者保護の観点から懸念が出ていた。
 法整備が進めば、コンビニや宅配業者は銀行を介さず、自前で送金サービスを手掛けることが可能になる。店舗などで現金を受け取った時点で金融業務となるため、高い利用者保護が求められる。

銀行が業務を独占している為替取引は、もともと送金人と受取人が遠隔地であり、売買代金などの決済を行うに際し、送金人から受取人に資金が移動する間その間にはいった業者が倒産したら困るし、たくさんの送金人から一旦大量の資金を預るという性質から銀行のように免許業者しか扱えないとした経緯がある。

コンビニを使った収納代行サービスが「送金サービス」といえるかであるが、現在の仕組みを考えると、最終的な資金の受取人(債権者)は、売買などに伴う代金をコンビニに受け取ることを依頼し、債務者である送金人が債権者代理人であるコンビニに支払う形式であり、銀行送金のように債権者への資金の到達により、代金支払完了とされる取引と異なっていると思う。
支払者は、コンビニが倒産してお金が受取人である債権者に行かなくても二重払いは免れるのだから、保護する必要性が存在しないではないか。

それに、コンビには預った資金を当日中には、銀行口座に入金し、本部に送金し、本部はこれを依頼者に銀行経由で渡しているので、コンビニに滞留している金額はたいしたことはない。コンビニ取扱い額の上限は、30万円であり、平均取扱単価は1万円を切る程度なので、為替のように1回の取引で何十億円もの送金が取り扱われることと同等に扱うべきか疑問だ。
取扱期限・入金額を含めて全て、バーコード処理されるから、ヒューマンエラーはないし、事故もおきていない。

また、コンビニ送金を取り扱う業者には、事前審査があり、誰でも使えないのだから、銀行振り込みのように振り込め詐欺にも利用できないし、マネーローンダリングだって困難である。
おまけに年中無休で料金は安いし、窓口で長時間待たされる心配もなく、支店のある遠隔地まで赴く必要もない。
だから、このサービスが活用されているし、事故もないのに、悪質業者の排除っていったいなんだろう。

私の田舎は、九州の田舎市であるが、埼玉県なら3〜4市に相当する広大な市域の中に銀行・信金の支店は、わずか3店(訂正 goo検索して出張所を含めると5店、信組み入れて6店でした)しかない。郵便局も各町内に合計10あまり(訂正⇒簡易局含め十三局です。本当に少ない!)しかない。
もっとも近い取扱機関がコンビニであるということは、考慮されているのだろうか。

コンビニの収納代行業務に法規制が導入された場合、現在のコンビニが全て、金融業務の取り扱いを希望し、希望したらもアルバイト店員のみで運営している現状に注文はつかないのかなど考えると、利便性に大きな影響があると思われる。

振り返ってコンビニ収納代行を大量に利用している事業者として考えてみても、コンビニの倒産等の影響を受ける可能性は否定しないものの、資金の短期の受け渡し、用紙利用期限の設定、定期的な信用管理を行うなど万全なリスク管理を図っている。むしろ、金融業務取扱に伴い、体制の見直しなどを理由に料金が引き上げられ、大幅なコストアップにつながらないかのほうが不安だ。

いずれにしろ、利用者である委託元も、支払人もコンビニ収納代行サービスに不満はないのに、問題が潜在化しているから今のうちに法規制しましょうというのはいかがなものかと思う。

|

« ムーンライトながらの定期運行廃止? | トップページ | 山陰 米子への旅 »

企業法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金融庁が銀行以外の事業者に「送金サービス」の開放を検討??--って今までの利便性の圧迫ではないか!:

« ムーンライトながらの定期運行廃止? | トップページ | 山陰 米子への旅 »