« 池尾教授のアゴラの記事に関して | トップページ | 学会の季節 »

2009年10月 7日 (水)

高設定スロットで特別背任 架空取引で業務上横領と協力者への代金請求~会社もだいぶ変わった

一昔前なら、社員の不正も内輪で調査して、退職させて表ざたにすることはなかった。

しかし、コンプライアンス、内部統制の時代になり、そうも行かなくなった。

しかし、公開企業以外ではさほどでもないのかと思ったら、今日の毎日新聞で2件あった。

1件は、パチンコ店のマネージャーがメダルの良く出る題を客に教えて店に損害を与えたとして特別背任で逮捕されている。全国ではじめてという。

また、自動車販売会社の課長補佐が、自動車の購入があったように装い、これを転売していたとして、業務上横領で逮捕されている。

本件では、これに協力した顧客に対しては、会社側が代金を請求している(毎日新聞速報)とされており、会社の受けた損害に対して、厳しい態度が見て取れる。

|

« 池尾教授のアゴラの記事に関して | トップページ | 学会の季節 »

企業法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高設定スロットで特別背任 架空取引で業務上横領と協力者への代金請求~会社もだいぶ変わった:

« 池尾教授のアゴラの記事に関して | トップページ | 学会の季節 »