« 訪問販売お断りシールは、水戸黄門の印籠か? | トップページ | 国民新党が改正貸金業法の見直し法案を策定。 »

2009年12月 8日 (火)

金利規制で北海道にはGDP約3000億円(マイナス1.6%)のマイナスの経済波及効果

CREDIT AGE12月号に「金利規制で北海道GDPの約3000億円が減少」との札幌大学経済学部の飯田隆雄教授の分析結果が掲載されている。

金利規制と消費経済への波及に関する分析として得に北海道に絞った分析として興味が引かれる。

掲載されているのは、概略なのでじっくり調査報告を読んで見たい。

|

« 訪問販売お断りシールは、水戸黄門の印籠か? | トップページ | 国民新党が改正貸金業法の見直し法案を策定。 »

企業法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金利規制で北海道にはGDP約3000億円(マイナス1.6%)のマイナスの経済波及効果:

« 訪問販売お断りシールは、水戸黄門の印籠か? | トップページ | 国民新党が改正貸金業法の見直し法案を策定。 »