« 詳説 改正割賦販売法 | トップページ | 最近の状況 。。。  »

2010年9月17日 (金)

新しいジャンル?「出会わない系」詐欺

同窓会の関係で一時アドレスがHP上に表示されていた関係で、会社宛メールアドレスへの迷惑メールの数がすごかった。

月曜日に出社すると、まず200件程度のメールを削除することが日課だった。現在は、まとめて別ファイルに落としているので、数件ですむが、これは以前の話。

迷惑メールを分類すると、1割くらいが薬系、1割が文字化けを起こし、いわゆる出会い系とか援交系と思しきものが6割くらいを占める。

一度これらのメールを分析してみたことがあるが、大きく分けると①男性向けに出会いの場を提供する②男性向けに女性を紹介する③男性向けにお金をくれる競れ部を紹介する④お金儲けの話し⑤女性向けに男性を紹介するという種類に分かれていた。

それ以上はクリックしたことがないので実際どうなっているかわからない。しかし、会社の相談室に来たいくつもの話を総合すると、①②③は、女性とメールのやり取りをするためには、一定の金額を払って、メール交換するシステムのようだ。メールを送ると、相手から返信が届き、またメールを送るというもの。

そのうちに、リアルに合おうという話になるが、具体的な日時や場所を決めようとする寸前に、規定分の通信量がいっぱいになり、追加で購入することに。

そして約束の続きを進めようとすると、相手が都合が悪くなり、約束は取り直しに。

またしばらくやり取りを続けて約束が具体化してくると、規定の通信量に達し、追加利用権を購入することになる。これを繰り返すが、さすがに3回も同じ事が続くと「ひょっとしたら、、、だまされている?」と感じて、気づいたときには、カード決済やコンビに決済で30万円から50万円程度を支払ってしまっており、あわてて消費生活センターに連絡したり、カード会社に連絡するようだ。

最近は、この被害にあう人が多く、男性が多いように言われているが、女性も数多く被害にあっているようである。

これらの人は、どうも「さくら」の人か、女性と思った男性に一所懸命メールをしているようだ。

この話をろじゃあサンたちにしたところ、これじゃ「出会い系」じゃなくて「出会わない系だ」と命名すべきだと意見が一致した。

確かにこのようなメール(最近携帯電話でアクセスしている例が多いようだが)をうけとっても、絶対出会えない以上、これから「出会わない系」詐欺と命名すべきだろう。

大丈夫だと思うけど皆さんご注意あれ(笑)

|

« 詳説 改正割賦販売法 | トップページ | 最近の状況 。。。  »

企業法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいジャンル?「出会わない系」詐欺:

« 詳説 改正割賦販売法 | トップページ | 最近の状況 。。。  »