« 平成23年度第6回貸金業務取扱主任者試験の解答と感想 | トップページ | 過払い金の返還額は、増えるのか?~平成23年12月1日最高裁判決に関する報道 »

2011年11月30日 (水)

武富士 会社分割を延期でどうなる

今日の日刊紙各紙は、武富士が12月1日に予定していた会社分割が延期になったことを報じている。例えば⇒これ

以前から、買収資金調達について不安視する噂があったが、明日の延期は、スポンサーである韓国消費者金融大手のA&Pファイナンシャルの韓国での貸付けについて一部が高利になっていたということで韓国の当局から行政処分を受けるかもしれないということが背景にあるようだ。【日経新聞の夕刊】

スポンサーは、会社分割後の営業継続会社を引きとり、資金を過払い金等の清算会社に渡すことで過払い金債権者をはじめとする債権者に第一次配当するというのが弁済計画になっているので、分割が遅れれば、配当期日はそれだけ先に伸びることになる。

報道では、会社分割は12月末ごろに実施するとのことであるが、それ以上かかってしまうと計画にかなりの狂いが生じる可能性もある。

まずは、韓国での行政処分があるのかどうかが、当面の注目である。

また、新規貸し出しをしていないので、現状の顧客及び残高の状況もどうなっているのか、気になるところではある。

(12月1日7時追記)

日経新聞によると今年3月末に1600名いた従業員のうち、1300名が11月30日付けで退職するとのこと。

記事→こちら

12月1日会社分割でスポンサーサイドで営業継続する会社と債務支払い会社に分かれる前提で退職手続きが取られていたと思われるが、分割延長のうえ、300名前後で旧来からの業務を滞りなく行うのはなかなか苦しいのではないか。新たな問題が生じなければよいが。

|

« 平成23年度第6回貸金業務取扱主任者試験の解答と感想 | トップページ | 過払い金の返還額は、増えるのか?~平成23年12月1日最高裁判決に関する報道 »

企業法務」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 株の初心者の入門 | 2011年12月 5日 (月) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233100/43204438

この記事へのトラックバック一覧です: 武富士 会社分割を延期でどうなる:

« 平成23年度第6回貸金業務取扱主任者試験の解答と感想 | トップページ | 過払い金の返還額は、増えるのか?~平成23年12月1日最高裁判決に関する報道 »