« 貸金業法の見直し検討の時期が迫ってきた | トップページ | 「資金繰り」の意味を知っているのだろうか? »

2012年2月17日 (金)

「ある日突然出向」から「地方再生」にかかわるまで「鉄道技術者白井昭」

ある日突然、経営危機のローカル鉄道に出向を命じられる。最後の生き残り策は、未来とは一八〇度逆の、蒸気機関車の動態保存だった…。保存鉄道への再生で鉄道を守った男の仕事は、いつか地域の再生にまで及んだ。

知人の作者の自信作。乗り鉄の私としては、読むべき本。明日の大阪行きの新幹線で読みます。みなさんもぜひ読んでみてください。

追記 2月24日

読んでみると鉄道技術者白井昭さんの「未来が見える電車」をつくる仕事は、名古屋鉄道中興の祖といわれる「土川元夫」との出会いが始まり。そして共同作業ともいえる。

土川氏は、元東海銀行常務、元セントラルファイナンス社長、現セディナ会長である土川立夫氏の父上である。能力主義で名古屋鉄道の基礎を作り上げた土川元夫名鉄社長の経営の取り組みが今日参考になる。

ところでこの本は、鉄道を扱っているが、いわゆる鉄道本ではない。

鉄道とともに生きた技術者が、その鉄道を活かすことを考え抜いた結果、地域や沿線の足を確保しつつ、鉄道の動態保存という目から鱗の鉄道の再生を成し遂げた。

それが結果として地域再生につながっている。新幹線の開通や高速道路の開通により、地方都市はストローのように中心都市に仕事や住民を吸い取られている。そして疲弊し、過疎の町になっているところもある。

しかし、主人公の白井氏は、ローカル鉄道を蒸気機関車の動態保存で生き残りに導き、そして地域も再生させていった。この本は、「地方生き残りの方策」を示す指南書の一つといえる。

51atxlqhtml__sl500_aa300_

|

« 貸金業法の見直し検討の時期が迫ってきた | トップページ | 「資金繰り」の意味を知っているのだろうか? »

読書感想など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ある日突然出向」から「地方再生」にかかわるまで「鉄道技術者白井昭」:

« 貸金業法の見直し検討の時期が迫ってきた | トップページ | 「資金繰り」の意味を知っているのだろうか? »