カテゴリー「読書感想など」の17件の記事

2012年2月17日 (金)

「ある日突然出向」から「地方再生」にかかわるまで「鉄道技術者白井昭」

ある日突然、経営危機のローカル鉄道に出向を命じられる。最後の生き残り策は、未来とは一八〇度逆の、蒸気機関車の動態保存だった…。保存鉄道への再生で鉄道を守った男の仕事は、いつか地域の再生にまで及んだ。

知人の作者の自信作。乗り鉄の私としては、読むべき本。明日の大阪行きの新幹線で読みます。みなさんもぜひ読んでみてください。

追記 2月24日

読んでみると鉄道技術者白井昭さんの「未来が見える電車」をつくる仕事は、名古屋鉄道中興の祖といわれる「土川元夫」との出会いが始まり。そして共同作業ともいえる。

土川氏は、元東海銀行常務、元セントラルファイナンス社長、現セディナ会長である土川立夫氏の父上である。能力主義で名古屋鉄道の基礎を作り上げた土川元夫名鉄社長の経営の取り組みが今日参考になる。

ところでこの本は、鉄道を扱っているが、いわゆる鉄道本ではない。

鉄道とともに生きた技術者が、その鉄道を活かすことを考え抜いた結果、地域や沿線の足を確保しつつ、鉄道の動態保存という目から鱗の鉄道の再生を成し遂げた。

それが結果として地域再生につながっている。新幹線の開通や高速道路の開通により、地方都市はストローのように中心都市に仕事や住民を吸い取られている。そして疲弊し、過疎の町になっているところもある。

しかし、主人公の白井氏は、ローカル鉄道を蒸気機関車の動態保存で生き残りに導き、そして地域も再生させていった。この本は、「地方生き残りの方策」を示す指南書の一つといえる。

51atxlqhtml__sl500_aa300_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

有笑会編 「爆笑力」のご紹介

2月17日朝日新聞朝刊の東京版31pに紹介されていますが、有笑会編 「爆笑力」の紹介です。「なぞかけ、川柳、回文、駄洒落」がいっぱいです。

当日夜の集まりで編集委員の鏡味さんから紹介を受けました。

有笑会というのは、大事を書かれた寄席文字の大家橘左近さん、イラストを担当された原えつおさんほか漫画家、講談師、新聞記者、僧侶、裁判官、大学教授などさまざまな人たちが毎回50人ほど集まり例会で作品を紹介するという、半分遊びで、半分学ぶ会だそうです。

30周年を記念して企画され、1年以上かけて過去の2万点の作品の中から選ばれた秀作そろい。ぜひ読んで笑ったり、頭をひねってみてください。一冊1200円。紀伊国屋他。

Photo_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

努力不足の四段活用  加害者への転嫁まで

朝日新聞be on saturday 9b(9面)に勝間和代さんの「人生を変える言葉」というコラムがある。7月25日の内容は、知り合いの経営者から聞いたという「努力不足の四段活用」

①努力不足→②責任転嫁→③被害者意識の醸成→④加害者への転嫁  の4段活用。

自分の仕事上の努力不足を棚に上げ、評価される他人の所為であると考え、挙句の果てにはその障害となっている人の噂や悪口をばらまいて仕事を妨害することがあるというもの。

なるほどその傾向があることは、事実と思う。いつもよく見ているようで、他人が毎日、自分で見えないところで努力していることはなかなかわからないもの。また、大体人は自分に甘く、都合のよい解釈をしがちだ。したがって、自分を基準に他人を推し量ることが多いくなるので、結局自分の努力不足を棚に上げてしまうのだろう。

冷静に自分を見つめられる眼の養成を勝間さんは提言されるが、なかなか難しい。手始めには、複数の鏡を持つことのほうが有効ではないか。

鏡というのは、周りの同僚や上司、部下であったり、友人・知人あるいは家族である。

そこに自分がどのように映っているかを確認することが最も自分自身を知るきっかけになり、新たな努力に向かう契機になるように思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

土居健郎さんの「表と裏」大変役に立ちました。

精神分析学者の土居健郎さんがなくなられ、氏の「甘えの構造」についての功績が書かれている。

私は、氏が交流心理学の会長をやられており、義父がカウンセラーをやっていたので、いくつかの著作を読まさせていただいた。

特に印象に残っているのが「表と裏」である。25年位前に読んだので、その詳細な内容の記憶は薄いが、自己と向き合い、己を理解する第一歩として、ずいぶん役立った思いがある。

一族の総領息子として、大事にされ、わがままに育ったことから、当時20代後半ながら、さほど人生や環境、将来などについて考えておらず、全く無頓着であったが、「表と裏」を読み、自分自身の中にある甘えやわがまま、他人との関係などについて客観的に分析することができ、その後の人間形成にかなりの影響を受けたように思う。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

赤塚不二夫氏死去

赤塚不二夫氏がなくなった!

「おそまつ君」ではじめて氏の漫画を読んで、毎週少年サンデーを見るのが楽しみだった小学生時代。
あの頃は、貸本やら、回し読みが常識だった。
テレビも兄弟そろってよく見た。

サンデー派とジャンプ派がいたりして、その後の漫画ブームの本当の先駆者だった。

「天才バカボン」や「もうれつア太郎」は、独自の世界で他に例を見ないのではないか。また作者自身がテレビなどで出現するということも新しかったように思う。

いずれにしろいろいろな意味で影響を受けた。

ジャンプとサンデーが合同企画を実施するなど長かった少年漫画ブームの終焉を迎えるような時期でお亡くなりになった。自らの死で再度少年漫画に注目を集めるかのように 

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

「国家権力の反乱」

憲法学者の慶応大学法学部小林節教授の著作。

先般の貸金業法の改正が、誤った政策として規制強化、利息の引き下げを行った改悪であるとして、即刻の見直しが提言されている。

日新報道1260円

とりあえず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

ダーリンは外国人!

昨日「ダーリンは外国人 with baby」を近所の本屋で購入した。

今年になって、中央線快速の社内テレビで時々見かけていたが、日本人の漫画家妻と、外国人の夫とのほんわかとしたやり取りと、日本人と外国人の微妙な温度差というか感覚の違いがあらわされるストーリーに惹かれていた。

すでにいくつか単行本が出ているらしいが、余り考えずに出産、子育て版を買ってしまった。
私の3人の娘は、すでに一番下が18歳になろうとしているので、子育てバイブルとして買ったわけではない。

読んでみると昔同じことを考えたなとか、やったねという感じでゆったりとした時間には最適な感じ。

ゆっくり読んでやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

野村監督に学べ

今日の日経新聞6面に野村監督関係本の広告特集。
野村語録が受けているらしい。

それにしても15万部突破とか、30万部突破とかすごい。
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」なんて言葉は、
弱いチームを分析し、負ける必然性のある要素を少しづつ取り除いて、優勝チームとした野村監督ならではの言葉のような気がする。

ビジネス成功のヒントという売り言葉は、
楽天が交流戦一位になった今が一番のタイミングか?

それとも楽天の快進撃は続くのでしょうか?

最近の状況を見るとどうも後者のような気がするが、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

「虎の城」とともに新年

あけましておめでとうございます。

私は、紅白も最初のほうしか見ずに、「虎の城」上下 火坂雅志 を読みながら年越しです。

秀吉の弟秀長に300石で仕え、秀長のもどで戦の間接部門である資金調達や人心の掌握術、築城・土木技術を学びながら、秀吉の戦の中で武功をあげながら、1万石の城持ちになる。
秀吉亡き後も徳川家の下で伏見城、江戸城、亀山城などの縄張り(設計)を行うという、スーパーマンといってもいい藤堂高虎の話。

昨日の冨山和彦氏の経営者の組織掌握力と統率力の理想的な姿を、藤堂高虎に見たといっていい。

一歩間違えば死に直結する戦国の激動時代に土木作業をやる大工や石工の中に入って人心をつかんで作業の効率化をはかったり、斥候の報告だけでなく、危険を顧みず、自ら現場を見て、肌で感じた上での戦略の決定する。戦になれば敵の武将の首を取る、その合間に銅山を開発し、戦の資金を内部留保するという、間違いなく秀吉グループの業務担当役員中の最高の功労者である。

秀吉グループの破綻後(天下人が変わって)もその類まれな能力を評価され、そのあとを継いだ徳川グループ(新天下人)の元に、スカウトされ、重役(重臣)となる。
これが戦国時代から、徳川幕府時代のことかと思えるほど現代に参考になる。

こんな人がいたんですね。
初志貫徹、現場力、観察力、そして向上心と努力、いつの時代でも成功の条件だと改めて感じました。

ようし、今年もがんばるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年12月31日 (月)

「会社は頭から腐る」

元産業再生機構COO冨山和彦氏の刺激的な題の本である。

全体を通じて、日本経済の1980年半ば以降すなわち、戦後40年以降の経営の不在と現在の日本経済の危機を憂い、あるべき経営者の創出を提言している。

冨山氏は、東大法学部出身で、司法試験にも合格しているいわゆるエリート層に分類できるが、その分類と現実の経営能力との非関連を過去の経営者層の会社における育成過程、経営者の選出過程での思考から分析するなど、きわめて辛口な表現ながら、説得性がある(個人的に大変分析内容に共感する)。

その分析の元になっているのが、富山氏のコンサルティング会社社長の経験と産業再生機構で実際に取り組んだ、そしてデューデリした案件における会社の実態である。
そして身をもって組織(会社)は、経営理論や組織論で動くのではなく、経営者が構成員のもつインセンティブや性格にマッチした業務の動機付け、方向性の指示を示し、仕事を任す(その役割を果たす)ことで動くということを感じておられる。

したがって、冨山氏は、(MBAの資格も有するが、)経営に理論ではなく、構成員の持つインセンティブの分析力を要求する。、

長く続いた日本の好業績の中で日本はリーダー不在になっている。
確かに冨山氏の分析のように「年功序列」「順送り順次」がいまだ残り、「今の経済環境で一番最適な社長は誰か」「会社の建て直しには誰が最適か」という観点から、「経営能力」、冨山氏のことばをかりうるなら「人間性+現場力=人間力」を比較して選定されているとは考えがたい。

氏の叱責は、ガバナンスのあり方に対する「少年少女アナリスト」、法律家、株主、ファンド、そしてマスコミの主張にも及ぶが「ガバナンスが評価すべきは、意思決定の内容ではなく、経営者の適性だ」という点にこそ、上記の職業的専門家は立ち返り、また日本経済をこれ以上レベルダウンしないように国民もチェックしていくことが必要ではないかと思った。

試験にだけ強い人材は、答えをすぐ探す、しかし、社会の実務、そして経営には正解はない。この正解を探す努力としての人間を見る目、「見たい現実」ではなく現場を見て「ありのままの現実」から自ら分析や感触を得る人間性を磨くことこそが、経営者の道ということを経営層を目指す者以外のものも含めて理解することが経営者を育てる最大の方法ではないかと感じた。

経営者の取り巻きとガバナンスの一翼を担う銀行経営者、そして現経営トップの方は、すぐに読むべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)